Google Glassアプリ開発セミナー

概要

~Google Glass体験からアプリ開発までを1日で習得~

「Google Glassアプリ開発セミナー」は、Google Glassの入手先、操作方法と体験、セットアップ手順、アプリ開発までを幅広くカバーします。Google Glassに関する情報を1日で十分に習得できます。

スマートグラス(メガネ型コンピュータ)の市場は、2015年までは実証実験段階、2016年は実用段階に入り1,000万台まで急成長すると予想されています。
最近は、国内からGoogle Glass用のツールやアプリが利用可能になり、日本語表示に対応したため、国内企業による実証実験も始まっています。

受講対象は、企業においてシステムならびにアプリの企画・開発・管理に携わるすべての方です。基礎から説明しますので、プログラミングを主業務としない方にも理解できる内容です。

GG_overviewGoogle Glassの外観 glass_screen実習で作成するサンプル画面

詳細

対象

企業においてシステムならびにアプリの企画・開発・管理に携わる方(定員10名前後)

講習日数・受講料

1日間 76,000円+税

日程

第3回 2015年 2月 5日(木) 10:00-17:00 受付終了
第4回 2015年 3月 6日(金) 10:00-17:00 受付終了
第5回 2015年 4月21日(火) 10:00-17:00 受付終了

※公開セミナーは休止中です。個別開催(3名様以上)で対応します。お問い合わせ下さい。

会場

下記会場を利用予定です。変更の場合はお知らせします。
東京都千代田区三崎町1-3-12 水道橋ビル m-School
※会場には実習用PCを用意しておりますので、PCの持込み不要です。

講師からのメッセージ

Google Glassは、従来のモバイルデバイスと比べ、ユーザーインターフェースが大きく異なります。体験無しの情報収集だけでは把握できません。本セミナーでは、体験と情報収集を1度に行えるようにカリキュラムを構成しています。
講師の紹介

カリキュラム

1)Google Glassとは
スマートグラス概要(位置づけ、優位点、市場予測)
Google Glass概要(ハードウェア、ソフトウェア、UI)
利用用途、事例、各社の製品

2)Google Glassを使う
基本操作デモ、機能別デモ
【実習】Google Glass基本操作
【実習】Google Glassアプリ操作
【展示】EpsonスマートグラスBT-200

3)Google Glassの準備
ハードウェア、電波シールドの入手先
セットアップ手順、リモート操作ツール
【実習】セットアップサイトの操作

4)Google Glassのアプリを作る
開発方法の概要
クラウドアプリ開発手順(MirrorAPI)
ネイティブアプリ開発手順(GDK)
アプリの配布
【実習】画面(カード)の作成

カリキュラムの留意事項

*Google Glassの画面の見え方には個人差があります。また眼精疲労やドライアイを感じる場合があります。
*Google Glass体験はレンズなしの機種を使用します。普段メガネ着用の方は、その上に装着するため画面が見ずらいことがあります。
*Google Glassは技適マークが付いていないため、体験実習は無線機能をオフにして行います。そのためメールの送受信、Google検索などのインターネットを利用する機能は利用できません。それら機能は、講師が電波シールド内で画面を投影してデモを行います。